個人型確定拠出年金の主な特徴及び契約する利点

個人型確定拠出年金のメカニズム

確定拠出年金と言いますのは会社組織や一個人が月ごとに掛け金を捻出して個別に運用します。運用される給付金が後々に個人個人に入ってくることから、運用の成果次第で受けることができる額が変わります。 給付金に関しても複数タイプがあって60歳から年金あるいは一時金という形で給付される老齢給付と高度障害時に年金あるいは一時金という形で給付される障害給付金と死亡時に限定的に給付される死亡一時金が存在します。通算の加入期間が10年に達しない場合は受給することができる年齢が上げられて最大限で65歳まで高められます。 確定拠出年金については個人型及び企業型がありまして個人型は自分自身で掛け金を判断して自らが掛け金を払います。掛金の全部が所得控除の対象となるので、確定申告した後に税金還付を受けることができます。

加入する主なメリットについて

個人型確定拠出型年金に関しては所得控除ができ、自営業で1年で最大816000円に至るまで控除されます。それから、その他では1年で276000円まで控除対象となるアドバンテージがあります。個人型確定年金の運用によりまして作り出された運用益は他の多くの金融商品によりまして作られた利益の様に課税対象になりません。 それに加えて支払われる時にも控除を受けることができます。年金という形で支払われる時には公的年金とトータルで公的年金控除を受けることができます。一時金という形で払われる時には退職金などとセットで退職所得控除を受けることができます。 個人型確定拠出年金に関しては色々な人が加入できる事もとても大きな利点です。公務員、あるいは企業年金加入者そして専業主婦でも加入できます。

iDeCOは60歳以降にならないと引き出す事は出来ないので、確実に老後資金として積み立てる事が可能なメリットがあります。