通信制高校のメリットとデメリットにはどんなものがあるの?

通信制高校のメリット

通信制高校のメリットは、自分のペースで勉強ができることです。通信制高校では、月に2~10回ほどスクーリングに参加してレポートを提出し、試験に合格すれば単位を取得することができます。したがってそれ以外の時間はすべて自由に使うことができるので、アスリートや芸能人も利用していることが多いです。また趣味を極めたい人や家庭の事情で働かなければならない人、病気で毎日学校に通うことができない人にも最適であるといえます。他にも通信制高校は費用が安いので、経済的に全日制の高校に通うのが無理な家庭でも通うことができます。しかも自分の時間を多く取ることができるので、働きながら通うことも可能です。公立の通信制高校であれば、3年間で10万円ほどで通うことできます。

通信制高校のデメリット

通信制高校のデメリットは、自分で勉強を進めなければならない点です。全日制の学校であれば、毎日決められたカリキュラムをこなし、赤点を取らなければ単位をもらうことができますが、通信制高校は基本的に自学習になるので、自分で学習計画を立てなければなりません。しかも勉強は誰かが監視しているわけではないので、さぼろうと思えばいくらでもさぼることができるのです。したがって何年も通信制高校に在籍しているという生徒が少なからず発生してしまうことがあります。通信制高校を無事卒業するためには、常に高いモチベーションを持っていなければなりません。モチベーションを保つためには、何か目標を持つことが大切です。通信制高校に入学したら、なぜ卒業したいのかをまず始めに考えるようにしましょう。

通信制高校なら熊本に、いろいろ個性的な授業内容・通学日数で行っている学校があります。いま進路に悩んでいるのなら、選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。