通信制大学院で学ぶ前に知っておくべきこととは?

働きながら学ぶことができる通信制大学院

社会人として働いていると、もっと学術的に知識を深めて仕事に役立てたいと感じることがあるのではないでしょうか。そんな時に利用できるのが通信制大学院です。通信制大学院はメディアなどを利用して修士号や博士号の上位学位を取得することができるので、働きながらでも勉強することができます。

通信制大学院の勉強方法

通信制大学院の勉強方法は、テキストを見ながら学習する方法や映像を見ながら学習する方法、スクーリングやメディアを利用して学習する方法などがあります。通信制大学院で単位を取る方法は、通信制大学と同様にテキストを勉強してからレポートを提出するのが基本となっています。しかし大学院ではそれだけの学習では卒業することができません。講師と直接対面して修士論文や博士論文の指導を受けることが多いです。

通信制大学院ではどんなことを学べるの?

通信制大学院では、学ぶ大学院によって勉強する領域が異なります。現在、通信制大学院で学べる分野は、社会福祉学や福祉心理学、児童学研究や外国語学研究などです。他にも文学研究や教育学研究、経済学研究など幅広いです。さらに通信制大学院では、経営学修士であるMBAを取得することもできます。

通信制大学院はどれくらいの費用がかかるの?

通信制大学院はどれくらいの費用がかかるかというと、それぞれの大学院によってそれぞれ異なり、大体初年度に支払う費用は、40万円~100万円程度のところが多いです。通信制大学院の費用の内訳は、入学金や授業料、設備費などがあります。入学金は初年度のみの支払いとなり、設備費は1年分を一括で払うことが多いです。

大学を卒業して就職。仕事にも慣れた数年後、また新しい刺激が欲しくなったなら、自由時間を有効に使える通信制大学院に挑戦すれば、キャリアアップにもつながります。