その学び方は生活に役立つ?実際に役立つ心理学の学び方とは?

心理学を学びたいけど、やはり学校に通うべき?

心理学は、学校で学び心理学に関する資格を取る方法と独学で学び自分に必要な資格を取る方法があります。

学校で心理学を学ぶメリットは、ちゃんと教わったことを勉強していれば資格を取ることができることです。また、関連する資格や自分が生活に必要な資格を相談することができます。しかし、学校で心理学を学ぶデメリットは、実際に生活をしてみて取った資格が役に立つかはわからないという点です。学校で学ぶ方法は、学術的で、実際の生活のどこで使われているかがわからない心理学も多いです。

独学で心理学を学ぶメリットは、自分のペースで学ぶことができ、実際の生活から実践的に学ぶことができる点です。また実際の生活から学ぶことができるので、学校で学ぶよりも理解ができ、ほかの仕事や生活でも生かすことができます。独学で心理学を学ぶデメリットはほかの仕事や生活で忙しく学ぶ時間が少ないという事です。学べる時間が少ないからと言って、時間をかけて学んでいると初めに学んだことを忘れてしまっていたりする可能性も大きくなるので注意が必要です。

独学で生活に生かせる心理学を学ぶには?

独学で心理学を学ぶには、自分の生活を実践的な心理学を学べる場所として有効活用しながら、少ない時間で効率よく勉強できるように工夫する必要があります。例えば、寝る前の30分の間に心理学の名前を暗記をする方法や実際に心理学を利用して仕組みや効果を理解する方法、街で見かける人を観察しながら心理学に当てはめてみる方法があります。

心理学の大学では行動心理学・カウンセリング・心理テストなど、人間の行動を分析出来る魅力的なカリキュラムが用意されています。